スポンサーサイト

  • 2016.08.05 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    山本タカト、二年ぶり第7画集の刊行と大阪・東京での展覧会迫る!!!

    • 2012.10.01 Monday
    • 22:13
    「エムブレム・オブ・クトゥルー」(上:本画/下:下絵)



    1998年の処女作品集『緋色のマニエラ』以来、<エロスとタナトス>そして<平成耽美主義>を一貫して標榜して来た山本タカトのモノグラフも、2010年刊行の『キマイラの柩』で6巻を数えるにいたった。巻を追うごとに作品は洗練され深化し、描画も熟練を重ねて来たが、ここ数年の作品はとりわけ超細密描写によってイコン性と装飾性を増してきたといえる。小説の挿絵が多かった2000年代の前半までの仕事は画集収録作品も物語性に富んだものがめだった。それゆえ山本タカトは耽美系イラストレーターと位置づけられてもいた。しかしながら、とりわけ『ヘルマフロディトゥスの肋骨』(2008)以降、ひとつひとつの作品の独立性、抽象性が飛躍的に高まり、また国際的な知名度も上がるにつれ、創作画家としての活動が大きな比重を増して来たのだった。作家自身もここ数年の自分の仕事をあたらしいコンテクストの中で再定義しようと考えているようだ。そして<平成耽美主義>と命名して来た自らの創作が最終章に突入しているとも認識している。しかしながら、現実世界の混沌と退廃はいよいよ本番を迎えようとしている今、作家は決して<平成耽美主義>や<世紀末感漂う幻想世界>に決別を告げようというのではない。むしろそれを脱構築し作品に更なる生成変化をもたらし、想像力のエネルギーのレベルを時代の閉塞感をも乗り越えるべく鍛え上げようとしているのだ。

    「龍の眼」(本画)「ツイン・スカルズ」(下絵)



    最新刊『ネクロファンタスマゴリア』は、<平成耽美主義>が到達し乗り越えるべきひとつの里程標として制作された。いままで着彩後の完成画でしか伺い知れなかった作品の神秘をその「はらわた」まで抉りだすかのように、下絵も大きく採り上げることにした。なぜなら山本タカト独自のバロックスタイルはこれまで一般読者が目にすることが無かった下絵によってはじめて受容可能になると考えたからだった。グロテスクながらもあくまで優美な本画は、病的なまでの解剖学的細密描写の集積である下絵を、丹念に彩色することで産み出されているのである。画集の題名はそのことを象徴的に指し示す造語として考案された。山本タカト絵画のめくるめくバロックアナトミアこそ最新画集『ネクロファンタスマゴリア』なのである。



    今回は従来よりもひとまわり大判の判型とし、作品のディテールがより詳細に鑑賞出来るよう心がけた。同時に高精細印刷を採用。歴代の表紙画および下絵の変遷も大型図版にて再録。そして何よりも作家自身による作品解説を充実させ、これからの山本タカト作品研究の第一級資料としての価値も高い記念碑的作品集となるだろう。



    山本タカト<平成耽美主義>最終章。肉体の此岸と彼岸、エロスとタナトスを超越し荘厳華麗なバロックのカテドラルと化した両性具有者たちの肖像。

    著者自身による作品解説収録。

    Takato Yamamoto

    Necrophantasmagoria

    山本タカト最新画集『ネクロファンタスマゴリア』



    普及版

    A4判、上製本、96ページ

    定価:3,800円(税別)

    発行:エディシオン・トレヴィル

    発売:河出書房新社

    2012年10月中旬刊行予定





    500部限定特装版(著者自筆サイン&エディション・ナンバー入り)

    A4判、天金細工上製本、96ページ

    定価:4,600円(税別)

    発行:エディシオン・トレヴィル

    *うち限定50部はジークレー付き(描き下ろし画集未収録作品)

    定価:本体25,600円(税別)



    サイン本作成中のタカト氏

    ★エディシオン・トレヴィル・オンラインショップにて間もなく受注開始。



    山本タカト個展『ネクロファンタスマゴリア』

    大阪展 2012年10月12日(金)〜16日(火)

    ギャラリーアセンス美術 入場無料(12時〜20時/最終日17時迄)

    大阪市中央区心斎橋筋1-6-10 アセンス5階

    06-6253-0185



    東京展 2012年10月18日(木)〜23日(火)

    新宿紀伊國屋画廊 入場無料(10時〜18時30分/最終日18時迄)

    東京都新宿区新宿3-17-7紀伊國屋書店本店4階

    03-3354-7401



    詳細

    http://editions-treville.net/

    http://www.yamamototakato.com

    スポンサーサイト

    • 2016.08.05 Friday
    • 22:13
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      限定本があっという間に品切れで哀しいです。
      追加発売してもらえないでしょうか。
      • ゆり子
      • 2012/10/04 9:33 PM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM